2016年12月23日金曜日

キーワードツールの決定版!Pandora2「買い切り版」




キーワードツールの決定版

なぜPandora2は禁断のツールだと恐れられているのか?
それはPandora2の1つの機能である「カンニング機能」にあります。

簡潔に説明をするとPandora2は

ライバルが今現在出稿している広告を逆引きでリサーチし

※広告を出稿しているキーワードの一覧
※広告キーワード毎の広告タイトル
※広告キーワード毎の広告文
※アフィリエイトサイトなのか
※表示URLの偽装は行っていないか
※どんなサイトで広告を出稿しているのか
※パソコンで広告を出しているのか
※スマートフォンで広告を出しているのか
※継続的に広告を出稿し続けているのか
※他にどんなサイトを運営しているのか
などといった情報を丸裸にすることが出来ます。

これらの広告データをリサーチすることによって、リスティング(PPC)広告の中から

★どんな商材が売れているのか
★どういったキーワードで売れているのか
★どういった広告ページなら成約がでているのか
といったインターネットビジネスの核となる情報を調べることができてしまいます。

これはいわば「儲かるビジネスがカンニングできてしまう」のと同じです。

なぜなら今現在、広告が出稿され続けている商品というのは、そのほとんどが「儲かっている商品」だからです。もし利益が出ていなければ、広告を出し続けることはありません。

つまり、あなたはPandora2を使って、カンニングし放題の広告データの中から儲かりそうなビジネスを選んで、ただ真似をするだけで成功するビジネスを構築することが可能になるのです。

キーワードツールの決定版!Pandora2「買い切り版」

0 件のコメント:

コメントを投稿